2012年02月01日

T.O.P の位置について

まず、T.O.Pの特性について簡単に挙げてみると、


・攻撃力が1.25倍になる。
・T.O.P時だけに使えるT.O.P専用技が使える様になる。
・2カウント毎に体力数値で「1」回復する。
・必殺技を使用した際のゲージの増加量が増える。


以上の様な特性があります。

CPU戦でスコアが2倍になるってのもあるのですが、それは今回は外します。

T.O.P時の専用技に関してはキャラ毎に様々ですが、ポリのT.O.Pアタックは使えない部類になるかと。

T.O.P時のこの技さえ無ければ、T.O.P時のヘルキャン近立ちC関連が凄ぶる楽になるのに・・・

T.O.P技を除けば全キャラでプラスになる要素があるT.O.P!!

これを上手いこと利用して相手より優位になりましょう!!

って事で、肝心のポリのT.O.Pの位置についてですが・・・



ぶっちゃけ何処でも良いと思ってます!!



正直な話、T.O.Pの恩恵が受けれるなら何処でも良いのです。

というより、元々の火力が高いので割と自由に融通が利くのです。

後は、個人のスタイルや考え方にもよりますので。

例えば、速攻型というかガン攻めが好きな人は前よりになる可能性が高いと思います。

また、最後にワンチャンの火力を取っておきたいって方は最終よりになると思います。

ただまぁ、これだと味気ないので各配置毎の私見を簡単に述べて終わろうかと思います。


【先頭配置】


・試合開始と同時にT.O.Pの恩恵が受けられる!!
・巷で大流行!?のT.O.P確認から逃れられる!!(これに関してはなんとも言えないが・・・)
・T.O.Pが切れてもJDを駆使して再度T.O.Pに戻せる可能性がある!!



先頭配置の一番の利点は確実にT.O.Pの恩恵が受けれる事です。
また、ゲージの増加量も増えますので、開幕で様子見になった時のポリの自家発電に磨きをかけてくれます。
攻撃力が上がるので、開幕からポリの通常コンボがトンデモナイ事になります。
また、T.O.Pが切れても戻せる可能性があるのも大きいかと。
その反面、相手側が最終か中央配置でこちら側のT.O.Pが切れてしまった時は何とも言えない・・・

現状で自分が使用しているT.O.Pの位置です。
確実にT.O.Pの恩恵が受けれるのがデカイかなーっと。
もう一つ理由があるのですが、これに関しては機会が有れば書こうかと。


【中央】


・巷で大流行!?のT.O.P確認の恐怖がある!!(これに関してはなんとも言えないが・・・)
・T.O.Pが切れてもJDを駆使して再度T.O.Pに戻せる可能性がある!!
・T.O.P時の演出で相手のコンボミスを誘発できる可能性がある!!
・相手側の高火力コンボを喰らうとT.O.Pの外からT.O.Pを消される可能性がある!!



先頭配置と同じくT.O.Pが切れても戻せる可能性があるのは大きい。
開幕に事故ってもある程度は修正がきく。
ぐらいしか思いつかないなー

中央だけは自分もほとんど使わなくなりました。
現状だと高火力コンボが有りすぎて7割とか普通に吹っ飛ばされるので、T.O.Pに突入したと思ったら切れてたでゴザル・・・
みたいな事もありますし・・・
まぁ、その辺は立ち回り次第なんでしょうが。


【最終】


・削り死にの可能性が減る!!
・巷で大流行!?のT.O.P確認の恐怖がある!!(これに関してはなんとも言えないが・・・)
・T.O.P時の演出で相手のコンボミスを誘発できる可能性がある!!
・土壇場の火力(試合の終盤で突入した時)と圧力が凄いことになる!!



最後の最後で体力が「1」回復したお陰で削り死にしなかったってのは大きいかと。
試合の終盤での火力、ワンチャンの恐怖が大きい。

たまに最終配置のT.O.Pを使うこともあるのですが、T.O.Pに入ることが無かったり、外から殺されるのでどうなんだろうなーっと。
極端な言い方をすれば昔に比べてデメリットが増えただけで十分に使えると思います。
自分もT.O.P確認さえ無ければ最終配置でも良いかなーって思いますし。



自分の中での最終的な結論としては、


・高火力 or T.O.P確認が優秀なキャラと対戦する場合 ⇒ 先頭配置

・それ以外 ⇒ 何処でも


こんな感じですかね?
posted by ATH(アツ邸配信) at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ケ〇ソ道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88505688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック